月別アーカイブ: 2016年10月

毎日の生活を見直し健康に

主人は自営業者です。
毎月の給料が安定してい無いですし、サラリーマンとは違い、ボーナスが無いのでやり繰りが大変です。

例えば、今月は50万円収入があるとしますが、来月は20万円と30万円も差がでます。
なので、収入が多い時に貯蓄したいと思うのですが、次の月に収入が足り無い分を補うため、中々思うように貯蓄が出来ません。

もちろん友働きです。
パートタイマーに出て自分に必要な物は自分で購入しているし、食費が足り無い時は、パートで得た給料から使っています。

子供は学生で学費は奨学金を借りていますが、交通費や道具代、検定代などと月に五万はかかります。

年寄りも3人同居していて、1人は認知症です。
この認知症のおばあちゃんにも、色々お金がかかり大変なのです。
毎月のオシメ代、デイーサービスを利用している為の費用などと、目に見えないお金がかかります。

主人の両親との同居ですが、少ない年金で暮らしているため、生活費を貰う事が出来ません。
何とか今のスタイルで生活していますが、本当にお金に困ることは、どちらが身体を壊した時です。

実際に、今年は主人が入院した事があり収入が一月途絶えました。この時は、何とか少ない貯蓄の中からやり繰りしましたが、悪い事は重なるものです。
何ヵ月も経たない間に、自分が心臓の病気になり手術が必要なため入院することになりました。
この時が一番お金に困りました。

手術費用や入院費などは、高額医療費を申請すれば何パーセントは帰ってきますが、仕事が出来無いため今迄の収入が激減します。
手術したからといっても、すぐに身体が健康になる訳では無いため、元に戻す為のリハビリなどが必要になる。
するとその間も仕事に戻ることが出来ません。

この時は本当にお金に困りました。
なんとか貯蓄を取り崩し、両親にお金を援助してもらえたので何とか生活していますが、いつ何時誰かが身体をこわすか分かりません。

もっと早く知っておけばよかったんですが、心臓ドックというのがあるらしいですね。
人間ドックではなく、心臓ドック
身体を壊す前に、予防で受けておけばよかったと今になって思います。
特に、ストレスが長く続いている人は注意が必要らしいです。

主人の入院は心臓ではなかったので、用心のため心臓ドックも受けた方がいいかもしれません。
私が突然なったので、本当にびっくりだったから、主人が今度なったらと思うと本当に心配です。

なので、毎日の生活を見直し、健康で暮らしていける様にと日々努力しています。