時間はあるのにお金がない

社会人になって多忙な毎日を送っている今思い返せば、学生の頃は2ヶ月間の夏休みなどの長期の休暇があり、海外など遠くへ旅行するには最適な環境でした。

しかし、学生時代の収入は実家からの仕送りと家庭教師の僅かなバイト代で毎月カツカツの生活を送っていて、旅行どころではありませんでした。

今月の家賃の振込み、まだだった!とか、今月は飲み会が多くて、バイトの給料日まであと千円しかないなど、時間はあるけど、お金に余裕がない状況でした。

特に理系の大学だったので、購入しなければならない高額な教科書代が多く、なるべく先輩から貰ってはいたのですが、教授によっては購入がノルマの場合もあり、新学期になると諭吉さんや稲造さんがヒラヒラと飛んでいっていました。

また、サークルの新歓コンパなど飲み会もやたら多くて、コース付き飲み放題で5000円と、1週間分の食費が一晩で消えてしまい、飲みの続いた週は、冷凍ゴハンに納豆やキムチなどでしのいでいたりもしました。

車で片道1時間の距離の大学に通っていたので、通学することも可能でしたが、両親に無理を言って一人暮らしをさせて貰っていました。
そのため、お金がピンチになっても、実家に頼ることもできず、なるべく光熱費を使わないように、マンションにはあまり帰らず、大学の研究室で夜を過ごすことも多かったです。

周りのみんなもお金がないので、それぞれ食材を持ち寄って鍋をしたり、カレーを作ったり、土日の夜は、研究室で研究もせずに飲み会をしたりもしていました。

今思えば、そんなダラダラしていた時間に、何かバイトをすれば給料がもらえて、それを貯めていれば、海外旅行だって行けたかもしれません。
また、学生でも借りられるローン≪学生ローン≫もあるみたいで、そういうのを利用してうまく時間を使えば、いろんな国へも行けていたのに。今ならそういう知恵が思い浮かびますが、あの頃はそんな余裕もありませんでした。

ムダな時間を過ごしていたのかなとも思いますが、そんなムダな時間で作った思い出は、本当に楽しかったし、そんな時間が過ごせて良かったなと思います。

一番、お金がなくて困ったのが、バレンタインの直前に彼氏ができたのですが、本当にお金がなくて、バレンタインのチョコを買えなかった時です。非常食で置いていた板チョコを溶かしてどうにか丸めてトリュフにして、ラッピングして渡したところ、「料理が上手なんだね」と、かなり喜んでもらって、ホワイトデーには指環を買って貰いました。

そんな彼氏とも金銭感覚の違いでお別れしてしまいました。

コンプレックスとの戦い

私は自分自身が毛深いことに不満を感じています。脱毛がしたいくらいです。
体の部位で脱毛したい部分は沢山ありますが、一番脱毛したい部位と言ったら断然腕です。
腕の毛のことで悩んでる女性は沢山いると思いますが、私程体毛の濃さで悩んでいる人はいないと思います。
みんな「毛深くて」と言っていますが、私と比べたら全然毛深くなんてありません。
私なんて本当に剛毛で、今現在も毛が掴める程ボーボー生えているのです。

夏になると一応自己処理はしているのですが、基本的には外で半袖になり腕を出すようなことはありません。
自己処理はしているけど全然処理しきれていないからです。
毛の問題でノースリーブが着れないという悩みの人がいますが、そんな悩みは本当に可愛い悩みだなと思ってしまいます。
私なんか夏なのに半袖を着ることも出来ないくらい剛毛ですからね。

毛抜きで一本一本抜いていると何時間も掛かってしまいますし、抜いてもすぐに生えて来るのがまた厄介です。
一体いつになったら夏に半袖を着ることが出来るのでしょうか?

私が一番焦るのは病院での突然の採血です。
もし採血をすると分かっているならば予め毛を剃ってから行くのですが、冬場なんかに採血しますと言われた時は最悪です。
剛毛を曝け出さなければならないからです。

別に看護師さんだけに見られるならば仕方がないとは思うのですが、採血の後「暫くそのままにして下さい」と言われますよね。
剛毛な腕を出した状態でそのままにしているわけにもいきません。
なのでそう言われたとしても私は袖を下ろして袖の上から押さえています。

看護師さんは人の腕のことなんて気にもしていないだろうって思う反面、やっぱり気にしてしまいます。
一種のコンプレックスになってしまっているのでしょうか。
今、脱毛サロンに通おうか考えています。渋谷なら、人が多いし、サロンもたくさんあるだろうしいいかな・・・
最近このサイトを見て考えています。
※⇒http://レーザー脱毛渋谷.com/
レーザー脱毛って良いんですね。

剛毛の悩みなんてきっと大した毛深くない人にはわかりっこないんですよね。
自己処理で暫く生えて来ない人や私の男友達で男性なのに腕に毛がなくてツルツルの人がいます。
一体どうしてそんなに毛がないの?という程全くなくてかなり羨ましいです。
男性は結構腕毛がありますが、私の腕は男性よりも毛深いです。
この毛の多さ、本当にどうにかして欲しいです。

恋愛とは無縁だった学生生活

私が通っていた高校は、ほとんど女子がいない学校でした。 クラス40人中に女子はわずか7人ほど。 あとは全部男子という特殊な環境での学生生活でした。 入学した時は男子の人数に圧倒されて入学する高校を間違った!と思ったものです。 しかもその高校、結構な進学校。 男子に負けずと勉強に頑張りました。 試験前はほとんど寝ずに試験勉強。 約1週間続く試験を寝不足と戦いながら耐え抜いていました。

かなり勉強は大変でしたが、私の学生生活はそれだけではありませんでした。 楽しい事もたくさんありました。 幸いにも私のクラスの人達はみんないい人ばかりでイジメもなく仲のいいクラスでした。 クラスマッチなどのクラス対抗の時はみんなで練習し、勝つぞ~と盛り上がりました。 クラスでオリジナルユニホームを作り、一致団結してのクラスマッチは本当に楽しくいい思い出です。 試験前はみんなで学校に残り勉強を教えあったりと大変な中にも楽しい思い出がたくさんあります。

しかし、残念ながら恋愛とは無縁でした。 クラスの女子みんながそうだったのですが、男子のことを友達としか見れず、どうしても異性とは見れませんでした。 なので、一緒に遊んだり、キャンプに行ったりと仲のいい男子はたくさんいましたが 彼氏にするよりは今のまま友達関係の方がいいと思っていました。 それはそれで楽しかったし満足していたのですが、今思うと恋愛もしておけばよかったかなと思います。

学生時代しかできない恋愛もあると思うので。 クラスで彼氏とラブラブしたり、手をつないで下校したりという経験がないのは少し寂しいかなと思います。 ただ、当時もしクラスの男子と恋愛していたらいろいろと面倒なこともたくさんありそうなので恋愛と無縁だったのもよかったかなとも思います。

あとはアルバイトに明け暮れていましたね。冬場は、スキーが好きなのでスキー場でアルバイトをしていました。

夏場は海の家とかなんせアウトドアが好きなのでそういったことのアルバイトを選んでしていましたね。

あんたは子どもか!姑か!

夫に対する不満、それはもうたくさんあります(笑)!まずはお金の管理ができないところ。あればあるだけ遣ってしまうタイプなので、結婚前の貯金はほぼゼロ…まぁ新車を買ったばかりだったので、仕方ないと言えば仕方ないですが。

結局結婚式の費用はほとんどが私持ちでした。私の独身時代の貯金が…。でもこの時はコツコツ貯金していて良かった…って心から思いましたね。

さすがに、結婚式の費用が足らないからってカードローンなどで借りるのも嫌ですからね。

お小遣いも渡した途端に消えてしまいます。ギャンブルなどはやらないので、趣味の家庭菜園や洗車グッズに消えるだけなので、憎めないなぁと思って怒りはしませんが、最近は月々ではなく週ごとに渡すようにしています。小学生みたいです。

それから妙なところに口うるさいのも不満です。結婚前、半同棲みたいな生活をしていた頃は、家事を一切やらない人でしたが、共働きで私の方が拘束時間も長いので、少しずつ教育しました。

おかげで掃除・洗濯はばっちり!のスゴカジ男に成長してくれたのですが、A型気質が如実に表れるようになってしまいました…。

週末ごとに掃除機をかけてくれるのですが、夫が庭仕事をしている間によかれと思って私が掃除機をかければ、いすはどけたか?ソファはどけたか?キッチンマットをなぜ洗濯しない!テレビ台の埃もとらなきゃだめ!掃除機のごみをなぜ処分しない!とそれはもう口うるさい姑のようにあれこれ言ってくるので、ここ数か月ありがたく掃除機には触れていません。

キッチン周りもたまに掃除してくれるのですが、夫が掃除してくれたあとはしばらく揚げ物は食べられません。なんで掃除したのに汚すの!とのことですが、汚れるから掃除するんです。

などなど、不満を挙げればキリがないのですが、一呼吸おいて振り返ると、全部笑い話なんですよね。むしろかわいらしいというか。なんだかんだ言って、こんなかわいい夫が大好きです。これからも仕事も家事も育児も、一緒に頑張ってくれるといいな。

専業主婦になって充実感がない

私は現在専業主婦をしています。

一昨年まで正社員で忙しく働いていたせいか、専業主婦になって全く充実感が得られません。

もちろん育児があるので、子供たちの世話をしたり家事をしたりなんなりとやることというのはあるんですが、バリバリ働いていた頃に戻りたいと思ってしまいます。

自分の能力でお給料を頂く・・・本当に素晴らしいことだったんだなとやめてから実感しました。

当然無収入なので勝手に使えるお金もありません。

我が家の貯金とかの口座は全部私と娘たちの名義になっているんですが、ふと、もし離婚するとなったらこの貯金口座も夫婦共有の財産になるんだと思うと腹が立ちます。

私が高給取りだったから貯まったお金なのに・・・と。 私はやっぱりどこか暇な専業主婦を馬鹿にしていたと思います。

だから主婦の井戸端会議なんて働いているときは参加したことがなかったんですが、専業主婦になってから数回参加したことがあるんですが、やっぱり会話内容など私とは合わないな~と感じてしまい参加することもなくなりました。

話を聞いていいても、旦那のグチやお金の話ばかり。お金がないなら働きに出たらいいのに・・・って思ってしまいます。

なんか、旦那に内緒でこのバッグ買っちゃった!お金足りなかったから、ここでお金借りちゃったとか言ってるんです。

私には付いていけません。欲しい物があるなら自分で稼いで買う、って言うのが私の考えですからね。遊びに行くにしても何にしてもそうです。仕事をしての充実感から、楽しく遊べるって感じでしたからね。

今は、外へ気軽に遊びに行けるわけでもないし何のために生きているんだろうという思いもあります。

きっと子供の手が離れたらその思いも強くなりそうなので、早く専業主婦から脱出してバリバリ仕事がしたいと思います。でも子供の事を考えると、まだ数年は働くのも難しいそうなので、しばらくはストレスが溜まるような気がしますね。。。

食べ歩きにハマってます

はじめは健康を考えて近所をお散歩するのがすきでしたが、もともと食べることが好きで主人と食べ歩きをするようになりました。

モヤモヤさま~ずを観てテレビでやった商店街まで行くこともあります。

有名な所では浅草や少し足を伸ばして鎌倉など…このお店で食べる!と決めるよりも飲みながらつまみながらが好きなので商店街に行くことのが多く、帰りにはそこの商店街で夕飯用のお惣菜を買って帰ります。

この前はもんじゃが食べたくて月島に行ったのですがつく前にちょこちょことつまんでしまったせいでお腹が空かず、月島からぶらぶらと歩いて汐留まで行きました。

そのときは特に買うものなく観光して終わってしまいましたが…。

砂町銀座に行ったときはとても感じのいい夫婦がやっている居酒屋のような焼き物屋さんを見つけお好み焼きをつまみながらながながと居座ってしまいました。

私は今まで飲むことも少なかったのですが、他人と接するのも苦手です。しかし主人は飲むのも好きで知らない人とでも仲良くなれてしまう人。

私は昼間から飲む人生を歩むとは思っていなかったので、こんな時間を過ごせるなんて主人と一緒でとても楽しい経験ができてよかったなぁと感じます。

次は世田谷の商店街に行きたいです。

でもこれから暑くなる季節ちょっと気になる事が。それは日焼けと汗ですね。

やっぱり歳的にももう若くはないので日焼けはしたくないです。シミにもなりますしね。日焼け止めを塗って焼かないように気を付けないといけませんね。暑いけど、長袖の服は欠かせません。

そして、そうなると暑さですね。只でさえ暑いのに長袖なんて地獄です。もともと汗かきの方なので、汗臭くならないように対策しないといけませんね。

せっかくおいしそうなお店を見つけても、汗臭かったらいやですからね。

ちょうどいまぐらいの、暑すぎずちょうどいい季節がずっと続いてくれたらいいのにな。。。

やっぱり脱毛サロンは凄い

私は毛が濃い人を見ても、とくに気にしません。もちろん本人は気にしているかもしれませんね。

でもそれを指摘してはいけないと思います。体の特徴を指摘されると誰でも傷つきます。そう考えると、私は他人の特徴を指摘することはできません。

私も子供の頃、毛がちょっと濃くなってきた時に、周囲の同級生にはやし立てられて嫌な気持ちになったことがあります。そのような経験が、毛の濃い人を見ても気にしないという私の性格を作ったのかもしれません。

しかし、そうは言っても自分の毛が濃いと気になってしまうことがありますね。コンプレックスというのでしょうか。コンプレックスは思い込みであります。しかし、それを乗り越えるのは簡単ではありません。

そうなので、どうしても気になるならば脱毛エステサロンへ行くという選択肢も有りなのではないでしょうか。脱毛が成功するかしないかは特に重要ではなく、自分から行動を起こしたということに価値があると考えれば良いのです。

そう考えると毛が濃いということは人によっては深刻な問題になりそうです。しかし、その問題を乗り越える過程でも成長をすることはできると思います。

私は結果的にそれほどけが濃くなりませんでしたが、体に毛が生え始めたときは不安になりました。ですから、自分でカミソリで剃ってしまったこともあります。

とりあえず何かやってみるということは良いのかもしれません。

でも本当に毛深くて困っている方は脱毛をするのが1番いい方法なんでしょうね。

知り合いでワキの毛が濃くて悩んでいた方がいたんですが、ワキ毛脱毛処理をしてキレイなツルツルな肌になっていましたよ。

あのキレイになった脇を見たら、やっぱり脱毛は凄いなって思いましたね。実際脱毛サロンなどに行かれている方はとても多いみたいですが、それも納得できますね。

なので、毛が濃くて悩んでいる方は脱毛サロンに行かれてもいいのかなと思いますね。その分お金はかかってしまいますけどね。。。

何もしてくれない旦那

最近生活していて感じる不満、それは旦那にです。

仕事から帰ってきたら、家の事は何もせず、ずっとゴロゴロしている旦那を見ていたらイライラします。

確かに仕事をしてきて疲れているっていうのも分かりますが、家の事は何一つしないって言うのもどうかと思います。

これを言ったら言ったで起こるのが目に見えているので我慢していますが、そろそろ限界がきそうです(-_-メ)